遺品整理・生前整理特集企画

第三弾 『遠方に住んでいて最も良い整理の仕方に悩んでいます!!?』

2018.08.21 記

ご家族・ご親族が遠方で一人住まいをしていてお亡くなりになってしまった場合や、遠方に住んでいるご家族・ご親族が施設などに移られる際のお手伝いをする場合など、身近な場所のお片づけとは明らかに状況や難易度が異なります。

 

 

「大阪に住んでいて、横浜の実家を片付けたいのですが!?」

 

「千葉に1人で住んでいた親が先月亡くなってしまい、福岡に住んでいる状態でどのように千葉の家を片付けたら良いか困っています!」

 

 

『遺品整理 想いて』では、この様なご相談やご依頼を数多くお受けしています。

 

 

上記のような状況の方は直接 『遺品整理 想いて』へお問い合わせいただければ、状況に応じて最善の方法をご提案させていただきますが、今このページをご覧いただいている方の中には、まだ整理業者に頼むかどうかも決断されていない方や、他の会社様と見比べている方もいらっしゃると思います。

 

なので、そういった方の決断のためのヒントになるように、時間的・精神的負担が少しでも少なくなる、整理業者による遠方の家の整理の仕方を具体的なQ&Aでお答えしていきます。

 

Q.

何回現地に行けばいいですか?

A.

基本的に2度ほど現地に来ていただければ大丈夫です。

 

1度目は業者がお見積もりでお伺いする時です。

 

お見積もりはヒヤリング時間も含め、おおよそ1時間から1時間半あれば済みますので、その日に2社相見積もりを取ることも可能になります。

金額的な違い、ご希望の作業希望日に合わせられるか、などトータル的なご要望に添える業者を選択されたほうが良いので相見積もりを取られる事をおススメいたします。

 

そのうちの一社に『遺品整理 想いて』を選んでいただければ幸いです。

 

2度目は作業が行われる日に最終的な現地の状況を確認してもらう際になります。

 

仮に作業が3日間に渡る際なども、業者に事前に鍵を預けておけば、最低限現地に来る必要があるのは2回となります。

 

作業終了確認は、鍵を預けているのであれば必ずしも作業終了当日でなくても可能かと思いますが、そのあたりは必ず事前に担当業者様とご相談ください。

 

『遺品整理 想いて』は出来る限りお客様のご都合に対応いたします。

 

 

 

Q.

ほとんどの時間、現場に立ち会えない中で作業してもらうことに不安を感じるのですが!!? ましてや事前に鍵を預けるにはかなりな不安を感じますが・・・

 

A.

当然そう感じると思います。

 

最近では現場の状況を確認出来るようにと、2〜3台のカメラを有料で作業現場に入れられる業者様もあるようですが、そもそも鍵を渡しているということになれば、カメラで作業風景を見る事ができれば解決するという不安ではないと思います。

 

価値のある物や故人の大切な遺品が廃棄する物と一緒に姿を消してしまうのではないか?という不安だと思います。

 

このような不安に対して、まずは現金やアクセサリーなどの貴金属はもちろん、その他にも明らかに換金性の高い切手のコレクションやブランド品、腕時計などをご自身で事前に見つけておき、業者に対して疑いの目を向けなくてよい状態にすることが、気持ち良く整理を依頼するポイントだと思います。

 

しかし、そのような事前整理をする時間がない方や故人のお宅がそれを行える状態ではない時はなど、出来る限り、部分的にでもなるべく作業に立ち会うようにスケジュールを調整する方が良いでしょう。

 

鍵をお預かりした時、部分的にしかお立会いいただけなかった時など、様々な状況で 『遺品整理 想いて』は、数々のご遺品を見つけ、ご遺族にお届けしてきたことで、お喜びのお言葉をたくさんいただき、信頼していただいてる事を実感してます。

当たり前の話ではありますが、あらためて信頼し安心してご依頼いただければと思っております。

 

 

Q.

料金の相場は首都圏や関西の相場と変わらないですか?

 

A.

想いては本社が札幌にあるため北海道と同じ費用でご利用が可能です。

平均相場に関して、北海道は東京や大阪よりも少しお安い傾向にあります。

 

もちろんケースバイケースではありますし、価格が高い業者様も当然あります。

 

しかしながら、基本的には人件費の面や作業場所の立地の問題、交通渋滞の量などあらゆる要素から平均的に北海道の方が作業費を抑えられるのは事実です。

 

実際に弊社の遺品整理士たちが参加した遺品整理研修でも、東京の業者様や大阪の業者様は見積もりの出し方が1ランク程高い業者様が多かったという感想を話しています。

 

1つだけ気を付けたいのは、遠方のご依頼者様にとってのデメリットである、あまり業者を選ぶ時間と余裕がないという部分を利用し、遠方のご依頼者様の場合だけ、いつもより高めの値段をお伝えする業者様も少なからずいるという事実です。

 

なので、あまりインターネットで調べてもどこが良い業者か見分けが付かない場合などは、前述にも申しておりますが、2社以上から相見積もりを取っていただくことを強くオススメします。

 

『遺品整理 想いて』は、価格に対しては絶対に1番お安いですよ!というようなことは決して言いません。

お安く作業をしている業者様はたくさんあります。

ただ、弊社の最も大切にしている『お客様に寄り添う』という部分や、出来る限りご遺品に対して価値を見出し、お買取のご提案をするという強みで、作業費以上の価値を提供する事に従業員一同全力で取り組んでおります。

故人の最後のお片づけをしっかりと『おもいやり』を込めて行いたい方や、ご遺品に価値を見出し再利用して欲しいとお考えの方は、相見積もりの1社で全く構いませんので、ぜひ『遺品整理 想いて』をお選びいただき、お問い合わせいただける事を心よりお待ちしております。

 

最上部へ最上部へ

お問い合わせはこちらから